eospicassoの日々

名古屋に住む石見人。あがーだこがーだ言わんこー、まーゆっくりしちゃんさい。

中国主導

毎日毎日、タマネギ男の話をだらだらとやっている局があるようでして、まことにご酔狂なことです。

さて、中国がやっと重い腰を上げて北を傘下に入れるべく動き出したようです。

代々、北の首領が米を敵視する外交をしてきたのは裏返すと米に庇護してもらいたいからだと個人的に考えています。

しかし、米から袖にされたら頼るのは中国しかないのです。半島というのはそういう歴史を繰り返してきました。遅かれ早かれ、連邦制国家として統一され中国の傘下にはいるだろうと予想します。

日本は戦後一貫、米を盟主として平和を謳歌してきました。しかし、軍事費に莫大なドルを垂れ流してきた米は今疲弊しています。近い将来起きるだろう金融バブル崩壊によってますます米国の覇権は弱まります。

そうなると、日本は独自の安保戦略を構築しなければいけなくなります。周辺諸国と対立することはできず安全保障協定を模索する道を選ぶでしょう。

アチソン・ラインのことを以前書きましたが、米あってのラインです。

舵取りをしくじると、日本は鎖国以前の状態に戻るかもしれない怖さがある今日この頃です。