eospicassoの日々

名古屋に住む石見人。あがーだこがーだ言わんこー、まーゆっくりしちゃんさい。

三種の神ワクチン

ファイザー、モデルナ、アストラゼネカ

 

早くて2月末から医療関係者に接種が始まります。次いで3月末から高齢者への接種が行われる予定てす。

 

名古屋では土日は学区の小学校を接種会場として医師会所属のクリニック医師、看護師らが交代で作業にあたります。平日は区役所です。この予定が10月まで組まれています。まあ打診の段階だろうけど。

 

10月までの予定ですか😰

 

何ロット来るかもわからない状況では決められないでしょう。タクティクスの情報がない中で各自治体が模索しているのが現状だと思います。

 

練馬モデルはかかりつけ医が接種するらしい。それでは迅速な接種は無理でしょう。あくまで都市部のモデルの一つです。

 

岩田さんは来れる人は誰でも来てくれ、優先順位など考えたらロットがはけないと言っています。現場の声です。

 

こんな感じでは五輪はとうてい無理だなあと思えます。

 

せっかくの神ワクチンなのにもったいない話です。日本でやるたった数百人の治験に意味があるのでしょうか。数ヶ月も費やすメリットはないでしょ。

 

ただ、、

 

接種後3カ月までは中和抗体が残ると言われていますが、そのあといつまで残るか不明です。

 

そもそもワクチンは発症、重症化を予防しても、感染を防ぐことはできない。

 

ワクチンを接種したからといって、以前の生活をしていいわけではありません。

 

発症者は目に見えて減るでしょうが、コビットは消えてなくなることはないでしょう。コビットとのつきあいは長ーく続くと思います。

 

収束が早まることはなく、テールリスクをとった方が賢明です。いつのまにか株の話になっちゃいました😊

 

終わりに、、、

あなたはワクチンをうちますか?というような報道をしている野糞メディアは自宅にこもって糞でもしとれと言いたい。