eospicassoの日々

名古屋に住む石見人。あがーだこがーだ言わんこー、まーゆっくりしちゃんさい。

12歳の女の子さん、君には何の落ち度もないのだよ。

すべての責任は主催者にあります。

 

イベントで使用されたカートはここのものです。

ncml.jp

れっきとしたレーシングカートです。直線では下の道の法定速度を超えます。乗るとわかりますが、地面に座る感じで走るから体感速度は半端ないです。パニックになるのは理解できます。だから、カートコースは人が入れないようにガードレールやクラッシュパッドで囲ってあります。

 

娘が小学校5年生のときに津保川のカート場に初めて連れて行きました。その後、中学3年までカート三昧、ジュニア・カートのシリーズ戦で全国各地のコースを転戦した年もありました。懐かしい思い出です。上のクラスだとストレートエンドでは100キロ近い速度が出ます。それでも一度も事故を見たことがありません。チームの先輩がカーブのGが強すぎて肋骨骨折したことくらいです。

 

思春期の多感な時期に、おっさんだけの世界で汗まみれ油まみれの生活を強いたことに後ろめたさがありますが、その反動で高校・大学ではチアリーディングにはまり代々木体育館まで行きました。危ないことに変わりないですけど。娘はいまでは自分の車を傷だらけにする普通の母親です。